歯周病に関すること

妊婦さんの歯周病予防が大切な理由
女性は妊娠したら普通の人以上に歯周病予防を重要と考えなければいけません。 なぜ妊婦さんだけ?と思う方もいると思いますがこれには科学的に照明された決定的な理由が存在しているのです。  歯周病菌は女性ホルモンが大好き? 女性は妊娠する
液体歯磨きは歯周病予防に効果的か?
歯周病とは重症になると歯が抜け落ちる事もある怖い病気です。 ですので予防は大変重要と言えます。 では、歯周病を完全に予防するためには何が必要なのでしょうか。 歯石や歯垢は絶対に溜めこまない! 歯周病は歯の表面に付着した
フッ素は歯周病予防に効果的か?
最近市販されている歯磨き粉にはフッ素が含まれているものがほとんどです。 フッ素は虫歯予防に効果があるというのは有名な話ですが実はフッ素は歯周病予防にも効果を発揮しているのです。 フッ素は細菌が増殖しにくい環境をつくります! 私達
歯周病予防はいつが始め時?
歯周病は若者や子供よりも高齢者がかかる病気というイメージがありませんか? 実際、歯周病にかかる人は高齢者がほとんどです。 ですが最近では、歯周病にかかる若者も増えてきているのが現状です。 若年性歯周病という病気 小学生
歯周病菌の殺菌は唾液で可能なのか?
歯周病菌は唾液で死滅? 私達の口の中は常に唾液が分泌されています。 唾液は食事を取ると大量に分泌されますが食べ物を飲み込みやすくす、という役割だけではありません。 実は細菌の殺菌を行うという効果もあるのです。 唾液には
歯周病菌を除去する事は可能か?
歯周病菌を完全に口の中から排除すれば歯周病を完治できますね。 それが可能なら歯周病を予防の時点から完全に実現できるでしょう。  歯周病菌を除去してよいの? 口の中にはどのくらいの細菌が存在しているかご存知でしょうか。 実
歯周病患者さん向けの歯の磨き方
歯周病にかかると歯茎が腫れたり歯磨きで出血してしまったりしますよね。 そんな時どうやって歯を磨けばよいのか分からない人も多いでしょう。 デリケートな状態になっている口の中で正しく歯磨きする方法をご紹介します。 汚れはきちんと落と
歯周病で歯磨きをすると出血するが大丈夫?
歯周病になると歯茎が赤く腫れるなどして歯を磨く際に出血する事があります。 これは歯肉炎の典型的な症状です。 出血すると怖くて歯を磨けないという人が多くいますが本当にそれでよいのでしょうか。  出血してもきちんと磨くべき!
歯周病だけど電動歯ブラシで歯磨きして大丈夫?
最近は歯磨きに電動歯ブラシを使用する人が増えています。 電動歯ブラシは、ゴシゴシ力を入れる事なく自動で歯を磨けるので大変便利なのです。 では歯周病にかかっていても電動歯ブラシを使っても大丈夫なのでしょうか。 磨き残しは歯周病の原
歯周病の痛みの原因は何か?
歯周病菌とは誰の口の中にも存在する常在菌です。 ですが歯周病菌が存在するからと言って全員が発症するわけではありません。 歯周病になる人とならない人がいるように強い病原菌ではないのです。 歯周病にかかると初期の段階では自覚症状はない
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | … 最後 次ページ >>