白い歯になりたい人は読んで

自分の歯の色に満足していますか?


歯の色は人それぞれで生まれ持った色があるのです。


ひとりとして同じ色の歯を持つ人はいません。


本来歯は黄色っぽい象牙質を半透明の白色のエナメル質で覆われている構造です。


象牙質の色とエナメル質の色の組み合わせになりますので白っぽい色といいましても一人として同じ色の歯を持つ人はいないと言われます。


他の人の歯が白く自分の歯の色と比べたりしますが、もともと真っ白な歯は存在しません。


真っ白い歯をしている人はホワイトニングをしているのです。


歯の色というと、どうしても表面、つまり外から見える部分ばかりに目が行きがちですが実際は歯の色は外側だけでなく内側の色の影響を大きく受けます。


外側からの変色原因にはコーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの色がついた飲み物、カレーやミートソースなどの色が強い食べ物、喫煙による タバコのヤニの付着などの色素が歯に沈着するタイプの着色汚れ。


一方内側からの変色原因には加齢により歯の内側から黄色くなるものがあります。


それ以外にも虫歯や薬の服用などによる歯の変色もあるのでどの種類の変色なのかを見極めましょう。


どうしても白くしたいときは歯科医院でもオフィスホワイトニングしかありません。


漂白の薬剤を歯の表面に塗って歯を漂白するのです。


でも漂白した歯は着色しやすいので食べ物、飲み物に注意が必要で管理が難しくなります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。