歯茎を押すと痛いのはなぜ?

歯茎を押すと痛む事はありませんか?


虫歯の痛みとは違うし歯には痛みは感じないし歯茎を押した時だけ何か違和感があるような感じで触ると痛い!


これは歯磨きをした時に感じる痛みでもないし冷たい物を食べた時に感じる歯がシミる感じでもない・・・。


「鈍痛」「だるい痛み」という表現がしっくりくるような痛みだと思います。


歯茎を押したら痛い!その原因は?


歯茎を押すと痛いと感じるのは歯茎に膿が溜まりその箇所が炎症を起こしているからです。


膿は歯の根の先で病原菌が活発に活動していたりすると溜まる場合があります。また治療を施した歯の根元にも膿が溜まる事もあります。


その膿が歯茎に炎症を引き起こし押すと痛みを感じるのです。


その患部をよく見てみると白いツブができていたり歯茎に開いた小さい穴から膿が出ていたり腫れている部分を押すと膿が出てくる事もあるのです。


もし歯茎がぶよぶよと柔らかくなっていて押すと痛い場合は歯茎が炎症を起こしています。これは歯垢や歯石が原因しょう。


また急性の歯肉炎や歯周炎という場合もあります。歯茎を押すと痛い場合と言うのは歯茎の炎症が原因です。


治療しないと歯茎の痛みは治りません!


今すぐ歯医者に行き治療をしないとどんどん悪化してしまいます。


そのままにしておくと歯槽膿漏になり歯が抜けてしまうこともあります。


そうならないためにも必ず歯医者に行ききちんと治療を行ってください。


歯茎の痛みを歯医者に行かずに治す方法はないの?


歯科衛生士としては一刻も早く歯医者に行き治療して欲しいというのが正直な気持ちです。


しかしそうは言っても仕事が忙しかったりなかなか歯医者の予約が取れないなどすぐに歯医者に通えないこともありますよね。


その場合はとりあえず歯医者に行かずに自分で治すしかありません。


歯茎の痛みを解消するには歯茎の炎症を抑える!


痛みの原因は歯茎の炎症が原因です。その炎症を和らげてあげれば痛みは解消されます。


歯茎の炎症の原因は歯周病菌が原因の場合が多くこの歯周病菌を殺菌することで炎症を抑えることが可能なのです。


歯周病専用薬用歯磨き粉プロポデンタルプロポリスイソプロピルメチルフェノールカンゾウエキスなど歯周病菌の殺菌力に優れている成分が配合されています。


ただしプロポデンタルは残念ながら通信販売限定でしか購入できません。


今すぐ注文したとしても商品が届くまで2~3日はかかってしまいますので商品が届くまでは痛みを我慢してくださいね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。