歯茎のかゆみや痛み、どうすればよい?

歯茎にかゆみや痛みがある場合、歯茎が炎症を起こしていることが考えられます。


もちろん体調を崩すことなど別の原因でも歯茎に異常が現れることはありますが、かゆみや痛みがある場合は歯茎が歯周病菌に感染し炎症を起こしている可能性があります。


ですから症状を更に悪化させないためには、まず歯医者でみてもらうことが大切です。


我慢できないほどの激しい痛みがある場合、市販の痛みどめで症状を軽くすることはできます。


しかしこれはあくまでも痛みを麻痺させて感じなくさせているだけであり、痛みの元となる症状を改善していることにはなりません。


歯茎にかゆみや痛みがある場合、十分に歯ブラシで磨くということが自分でできる対処法になります。


痛みやかゆみがある歯茎の部分を徹底的に磨きましょう。


磨くというよりは歯と歯茎の間に歯ブラシを当てて磨いていくという感じになります。


これは、かゆみを引き起こしている細菌を歯周ポケットの小さな隙間から掻きだす効果があります。


また歯茎に軽く歯ブラシを当ててブラッシングの時の振動を歯茎に伝わらせることは、歯茎のマッサージにもなります。


歯茎をマッサージして歯茎の中の毛細血管を刺激することで血行を促進することができます。


血行が促進されれば歯茎の状態も徐々に健康になり、かゆみや痛みが少なくなっている可能性もあります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。