歯茎が腫れたらどう対処すればよい?

歯磨きをして出血に気が付いたりフロスに血が付いたという事はありませんか?


口から血が出ると驚いてしまいますよね。それは歯茎が原因です。


歯茎が腫れていると、そこから出血が起こり、うがいの時に血が出るのです。


歯茎の腫れは歯周病の初期症状で自覚症状がないため気づかずに歯周病まで進行してしまうケースも見られます。


では歯茎の腫れはどうやって対処すればよいのでしょうか。


歯茎の腫れは歯茎の周りに存在する細菌が原因となって引き起こされます。


歯茎の周りで歯周病菌と免疫細胞が戦って、その周りに血液が集中するためその箇所が腫れるという訳です。


そのまま放っておくと歯茎から血が出るようになり、やがて歯石に変わります。


歯石になると自分では取り除けませんので歯医者さんで除去してもらわないといけません。


ですので歯石になる前に歯茎の腫れを抑えて綺麗な歯茎に戻すことが大切です。


どうしたらよいかと言うと口の中に食べカスを残さないように丁寧に歯を磨き原因となる歯垢を歯茎に残さないようにしてください。


毎日の歯磨きとデンタルフロスや歯間ブラシを併用してきちんと磨くように心がけましょう。


そうすれば歯茎の腫れは引き徐々に引き締まった健康的な歯茎となるはずです。


一日3回の歯磨きにプラスして就寝前の歯磨きも行うとなお効果的です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。