歯茎が痩せる原因とは?

最近歯茎が下がってきたり歯茎が痩せてきたと感じる事はありませんか?


実はこのような現象は老化と共に起こる事で歳を重ねるごとに徐々に歯茎は衰えるのです。


ですが老化現象と諦めてはいけません。歯茎の老化は日々ケアすることで防ぐことができます。


歯茎が痩せてしまうのは歯周病が原因の一つと言われています。


歯周病は歯茎の腫れや出血が起こり歯肉炎になります。


それからプラークが溜まると炎症がひどくなり歯を支えている骨が溶けるのです。


歯周病は自覚症状があまりないので、いつのまにか手遅れになっている事もあるようです。


そうなる前に毎日の歯磨きを丁寧にケアすることで歯周病は予防できるのです。


歯磨きを丁寧にと言ってもやり方を間違っては逆に歯茎が痩せてしまいます。


歯ブラシでゴシゴシ磨いたり歯間ブラシを強引に使用したりすると歯茎の柔らかいところ削れたり傷付いたりします。


歯茎の老化はこれが原因になることもあるのです。


その他、歯茎が痩せる原因として噛み合わせがあげられます。


歯ぎしりをする人や噛み合わせが悪い人は歯に余計な負担がかかってしまい歯茎が痩せてしまうのです。


そうなると歯根までもが見えてしまうことがあります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。