歯茎が痩せるのを食い止めたい!どうすればよい?

一度痩せてしまった歯茎を再び元に戻すというのは容易ではありません。


そのため手遅れになってしまう前に歯茎が痩せてしまわないよう予防することはとても大切です。


歯茎が痩せるのを食い止めるために一番大切なことは、やはり毎日の徹底したブラッシングです。


ただしこの時気をつけなくてはならないのが、ブラッシングの力加減です。


圧をかけ過ぎてしまうと逆に歯茎を痩せさせる原因となります。


歯ブラシを握って歯に当てた時毛先がわずかに反り返るか反り返らないか、このくらいの軽い力で磨くことが大切です。


どうしても強く握ってしまうという場合は握り方を少し変えてみるとよいでしょう。


5本の指で掴むとどうしても力が入りすぎてしまいますので親指と人差し指、中指の3本を使って鉛筆を持つような持ち方で歯ブラシを握って磨いてみることをお勧めします。


それほど力がかからなくなり優しく磨けるはずです。


その他定期的に歯医者さんにかかり歯のクリーニングをしてもらうのも歯茎が痩せるのを予防するのに効果的です。


一昔前までは、「歯医者=歯が痛くなったらかかるもの」という感じでしたが、最近では予防意識の高まりから何も異常がなくても定期健診を受けに歯医者にかかる人はたくさんいます。


どんなにブラッシングが上手な人でも歯周病などの病気は気が付かないうちに進行してしまいますし、歯石も一旦ついてしまうと歯ブラシや歯間ブラシを使って自分で取り除くことは不可能です。


そのため余り間隔をあけることなく定期的に歯のクリーニングをしてもらう「予防歯科」を心掛けることがとても大切なのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。