歯茎が痩せている?!その理由は?

歯茎が痩せてきたかも・・・と感じたことはありませんか?


歯茎が痩せたと感じる場合、そこにはいくつかの理由があります。


まずその一つが歯周病、いわゆる歯槽膿漏です。


これは歯茎が痩せる原因としてまず初めに考えられることです。


年齢に関わらず歯周病が重症化すると歯茎は痩せていきます。


歯周病により歯茎が痩せてしまうのは歯周病菌が歯茎だけにとどまらず歯茎に埋まっている歯を支える骨にまで入りこむことで骨が溶けて減ってしまうためです。


歯周病にかかると始めのちは歯茎の腫れが起こりますが症状が進行し末期に近づくにつれ歯茎は痩せていきます。


加齢も歯茎が痩せる別の理由として考えられます。


歳をとると誰でも歯茎は少しずつ下がっていくものであり、これは避けることはできません。


とはいえ、加齢により歯茎が痩せるのには個人差もありますので、歯茎が痩せる原因の全てが加齢であるとは言えません。


その他過度のブラッシングも歯茎が痩せる理由として挙げられます。


ここで言う「過度のブラッシング」というのは、時間ではなく力をかけ過ぎているということです。


力をかけ過ぎると歯茎はもちろんの事、歯も削れてしまうため良くありません。


力を入れて歯を磨けばそれだけ汚れもよく落ちると思っている人もいるようですが、これは間違いです。
歯磨きの際にはできるだけ優しい力で磨くことが大切なのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。