歯槽膿漏を自分で治す方法

歯槽膿漏とは歯茎が炎症して骨まで達し歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。


ではその歯槽膿漏は自分で治す方法はあるのでしょうか?


そもそも歯槽膿漏になるとすぐに骨が溶けるのではなく徐々に病状が進行していきます。


まず歯槽膿漏の原因菌が歯茎の周りに付着したまま残っていると歯茎が赤く腫れてきます。


この場合、歯ブラシで丁寧に磨いたりデンタルフロスを使って歯と歯の間をケアしたり歯茎に残った菌を除去することで腫れは引いてきます。


歯ブラシやデンタルフロスに血が付いた場合そこに菌が残っている(から腫れている)証拠です。


この場合は歯ブラシやデンタルフロスを菌をかきあげるように使っていくと、だんだん出血は少なくなります。


出血が多くなると、どうしてもその場所に歯石が付いてしまいます。


歯石があると歯槽膿漏になりやすくなると言われていますので、しっかりと歯石を取る事が大切です。歯石が溜まると、歯槽膿漏という病状に悪化してしまうからです。


そして歯槽膿漏の症状である歯が溶け始めると歯茎が下がり始めます。


その結果、歯の深部である象牙質の部分が露出してしまい、歯がしみてきます。ここまでくると、自分の力だけで治すことは難しくなります。


その後は歯茎から出た膿が原因で口臭がきつくなったり歯茎が腫れたり歯がグラグラしたり痛みが出始めます。


食べ物を噛むと痛んだり固い物が痛みのため噛めなくなったりします。


それが続くと歯並びが悪くなり歯が抜け落ちてしまいます。


このように歯槽膿漏は治療せずに放っておくと、どんどん悪化するとても怖い病気です。


自分で判断つかなかったり口の中に少しでも異変を感じた場合は早めに病院へ行くことをおすすめします。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。