歯槽膿漏の歯の痛みがあるときはどうしたらいいの?

歯槽膿漏が進行すると歯のまわりの骨が溶け歯茎の中に膿が溜まったり歯がぐらついたりして痛みも発生します。


そのまま放置すると歯が抜け落ちてしまう可能性もあり自然に治癒することはないので、そうならないために予防や歯科医での早期治療が必要な病気です。


歯槽膿漏で痛みが強いときは、もちろん歯科医での治療を受け痛み止めなど処方してもらいます。


痛みが強いときには避けた方がよいことがいくつかあります。


飲酒は避けましょう


アルコールを飲めば消毒になるとか神経を麻痺させて痛みを忘れるからなどいう理由をつけて飲酒をする人もいるよですが血流が良くなることによりかえって後に痛みを増すことになります。


からだを温める行動を控えましょう


 激しい運動をしたり熱い風呂に入るなどすると血圧が上がり神経を圧迫するので、やはり痛みが増幅します。


アルコール成分の強い洗口剤でのうがいは避けた方がよいでしょう。
 


歯茎が腫れたりして出血があるところにアルコールを使用すると、かえって刺激になったり乾燥により、もっと出血しやすい口腔環境になってしまいます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。