歯槽膿漏と喫煙は関係があるの?

歯茎の炎症である歯槽膿漏は生活習慣が深く関係して起こる病気です。


中でも喫煙は最も深く関係していると言われています。


タバコの煙の中は体に悪影響を及ぼすたくさんの有害物質が含まれていることは多くの人が知っていると思いますが、これらの有害物質は歯茎にとっても悪影響を及ぼします。


タバコに含まれる有害物質には発がん性物質であるタールやベンツピレンのほか一酸化炭素や窒素化合物、ニコチンなどがありますが、これらの有害物質は歯茎の毛細血管を収縮させ血行不良を起こします。


私たちの身体はたくさんの細胞の集まりでできており体の隅々まで酸素が供給されることで細胞は健康に働きことができます。


そのため喫煙により酸素を運搬する役目を持つヘモグロビンが減少したり細胞自体が細くなって血流が悪くなってしまうと細胞には酸素が届かなくなってしまいやがては死んでしまいます。


その結果歯槽膿漏が悪化してしまうというわけです。


タバコを吸うと、そこに含まれる有害物質により一酸化炭素の濃度が上昇し歯槽膿漏を引き起こす嫌気性(酸素を嫌う)の細菌が増殖しやすくなります。


それに加えニコチンなどは歯茎の免疫機能を低下させることも明らかになっており、タバコをたくさん吸えば吸うほど歯槽膿漏を起こす確率も高くなると言われています。


喫煙習慣のない人に比べると、その確率は2~3倍にもなるうえ治療の経過も悪くなるようです。


またタバコを吸うと毛細血管が収縮することから歯茎の炎症が起こっていてもパッと見分かりにくいことも少なくありません。


そのためかなり重症の歯槽膿漏になっていても見過ごされてしまうこともあるようです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。