歯周病菌の除去方法

歯周病は歯周病菌である「偏性嫌気性(へんせいけんきせい)グラム陰性菌」の感染が原因で起こります。


それが潜んでいるのが歯垢(プラーク)です。


この歯垢(プラーク)に、唾液の中のカルシウムが付着すると石灰化します。


これが硬く固まると歯石になります。歯垢(プラーク)は歯磨きを怠るとすぐに蓄積してしまい、蓄積すると歯の表面がザラザラになりさらに歯垢が付きやすくなるのです。


歯磨きをしないと口の中の状態は悪循環に陥ります。


歯石になると自力で歯磨きで除去できませんので歯医者さんで取ってもらうしか方法はありません。


歯周病は菌を完全に口から除去することはできませんが治療により歯周病菌を抑えることはできるのです。


歯石除去とは?


歯石除去は歯科衛生士が行う事がほとんどで手用スケーラーと超音波スケーラーという器具を用いて除去します。


まず歯石を除去する際は、まず歯茎の上のわりと取れやすい歯石を超音波スケーラーで除去した後、手用スケーラーで歯茎の中の部分の歯石を除去します。


また歯の根っこの部分は、ルートプレーニングという歯周ポケットの奥深くまで歯石を除去できる特殊な手用スケーラーで除去していきます。


このように、歯石を全てきれいに取り去れば、歯周病菌も除去できるのです。


歯医者さんや歯科衛生士さんに歯磨きの方法を指導してもらう


歯石の除去を行っても、そのまま放置しておけばまた歯石は溜まって歯周病菌が増えてきます。


歯や歯茎の状態、歯並びなどは人によって異なります。


ですので歯ブラシや歯の磨きかたも人それぞれ違ってきます。


ですので歯医者さんや歯科衛生士さんに診てもらい自分に合った歯磨きの方法を指導してもらうとよいでしょう。


歯周病菌は歯周病治療とその後のケア(歯磨きなど)である程度の除去は可能です。


一番大切なポイントは、この状態をいかにキープできるか、ということなのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。