歯周病菌には多くの種類がある

歯周病菌の原因は細菌だという事はご存知だと思います。


その細菌には複数の種類がありますがそのうち少しをご紹介します。


種類豊富な歯周病菌


現在歯周病の原因となる細菌は10種類以上も確認されています。その中でも主に歯周病を引き起こすのがP.g.菌、T.f.菌、Td.菌という細菌です。


歯周病にかかった患者さんはほとんどの方がこの3つの細菌に感染していると言えます。


その他で言うと日本人には感染している人は少ないのですがA.a.菌という細菌も歯周病菌の中ではメジャーな細菌です。


歯周病菌のレッドコンプレックスには要注意!


先ほど言ったP.g.菌、T.f.菌、Td.菌の3種類の歯周病菌はお口の中に存在する細菌の中でも歯周病と深い関連がある細菌でレッドコンプレックスと呼ばれています。


歯周病が重症になるのはこの3種類の細菌が原因と言えるでしょう。


逆に言うと歯周病を重症にさせないためにはこの3種類の細菌の活動を抑えればよいのです。


口の中には歯周病を発症させる細菌が多く存在しています。その中でも特に要注意なのがこのレッドコンプレックスなのです。


最近は歯周病菌の殺菌力に優れている成分と言うのもわかってきています。これらの成分が含まれている薬用歯磨き粉を使うことで効率良く歯周病対策ができます。


特に今注目されているのがイソプロピルメチルフェノールという成分です。歯周病予防歯磨き粉を選ぶ時はこの成分が含まれているかチェックすると良いですよ。


歯周病に良いと人気の薬用歯磨き粉を実際に試してみたのでそちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病に効果の高い歯周病専用薬用歯磨き粉は本当か検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。