歯周病予防は唾液が効果的

大人は一日に約1.5リットルの唾液が分泌されます。


これは500mlのペットボトル3本分にも相当します。


朝起きた時に口の中が渇いているのは起きている時より寝ている時の方が唾液の分泌が少ないからです。


唾液は口の中で様々な役割を果たし歯周病予防にも役立っているのです。


それについて検証していきましょう。


唾液の役割


唾液とは、たんぱく質、カルシウム、リンなどが含まれていますが、その90%以上が水分でできています。


作用については以下の通り様々です。


①消化作用 = アミラーゼという唾液に含まれる成分がでんぷんを消化する作用があります。
②潤滑作用 = 食べ物が口に入ると、多量の唾液が分泌され、のどの通りをよくする作用があります。
③抗菌作用 = 唾液には抗菌物質が含まれているため、細菌の増殖を抑える作用があります。
④緩衝作用 = 口内のph値を一定に保ち、細菌の増殖を抑える作用があります。
⑤自浄作用 = 口内の潤いを保ち、さらに常に洗い流す作用があります。
⑥保護作用 = 口内の粘膜や舌などをおおって保護する作用があります。
⑦再石灰化作用 = 初期の虫歯で、脱灰箇所の石灰化を促す作用があります。


歯周病予防には何が役立つの?


歯周病は歯垢(プラーク)に存在する細菌が原因で起こります。


ですから上記で述べた③抗菌作用、④緩衝作用、⑤自浄作用は歯周病を予防するうえで大変役立っていると言えます。

唾液の分泌が減ると口の中が渇き細菌の増殖を招いて歯周病が進行してしまうのです。


口は悪い細菌が身体の中に入り込む入口となる場所です。


ですので歯周病以外にも様々な病気を入口でシャットアウトするためにも唾液の抗菌作用はとても重要なのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。