歯周病予防はいつが始め時?

歯周病は若者や子供よりも高齢者がかかる病気というイメージがありませんか?


実際、歯周病にかかる人は高齢者がほとんどです。


ですが最近では、歯周病にかかる若者も増えてきているのが現状です。


若年性歯周病という病気


小学生や10代の若者が発症する歯周病を若年性歯周病と呼びます。歯周病は本来高齢者がかかる病気ですので、あえてこのような病名が付けられています。


近年は、この若年性歯周病にかかる人が急増しているという傾向が見られます。よって歯周病は高齢者以外にも子供や若者など全ての年代でかかる可能性のある病気なのです。


歯周病予防はいつから始めるのがよいのか?


では、いつから歯周病予防を始めればよいのでしょうか。


子供や若者も発症する可能性があると言えども、やはり中高年の方が最も注意しなければいけない年代です。


中高年の方は、日々お口のケアをしっかりと行っていないと歯周病にかかる可能性が高くなってしまいます。また若者でもできるだけ早めに歯周病予防に取り組む事をおすすめします。


最近は歯周病にかかる小学生もまれに見られますから「いつから歯周病予防を始めればよいか?」という質問には「いつから始めても早くない」と言えるでしょう。


ただし小学生の場合は親御さんが指導を行い歯周病の予防を行っていくようにしましょう。


効率的に歯周病を予防したければ歯周病菌の殺菌効果が高い成分が入っている薬用歯磨き粉などを使うと良いでしょう。詳しくはこちらに書いているので参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病に効果の高い歯周病専用薬用歯磨き粉は本当か検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。