歯周病の症状の自己チェック方法

歯周病は早期発見早期治療が望ましい病気です。


なのでもしかして歯周病?と思うポイントを知っておく事が大切です。


ここでは歯周病の症状の自己チェック方法をご紹介します。


歯茎が赤く腫れてるかどうかをチェック!


歯周病が発症すると最初に歯茎の炎症が起こります。炎症が起こると歯茎が赤く腫れてきますので歯周病発症と疑う事ができます。


ですが歯茎は元々赤くぷっくりしていますので腫れているかどうかは毎日観察していないと気づく事は難しいでしょう。


ですのでお口の中の写真を撮るなどすると歯茎が腫れたり腫れが引いたりした時にチェックして確認ができます。


歯周病の予防に力を入れたい人や治療をスムーズに進めたい人におすすめです。


歯磨き後の出血は注意するべき!


歯周病は歯茎からの出血が特徴の病気です。特に歯磨き後に出血する事が多いようです。歯磨き後に歯茎から出血した場合は歯周病の疑いがあると思ってください。


その他で言うと歯茎の痛みのチェックを行うとよいでしょう。


歯周病の症状で歯茎の痛みがあります。なのでものを噛んだ時や安静時に痛むかどうかも歯周病かどうかの判断材料となります。


このように日々歯のチェックを行っていると歯周病にかかったか否か分かるようになります。


歯周病を効率良く予防したいと考えているのであれば歯周病菌の殺菌力に優れている成分が入っている薬用歯磨きなどを使うと良いです。


クチコミで評判の薬用歯磨き粉を実際に使って検証した記事も書いているのでそちらも参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病に効果の高い歯周病専用薬用歯磨き粉は本当か検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。