歯周病の予防ができるグッズは?

歯周病は原因である歯垢(プラーク)を除去できれば予防ができると言えます。


皆さんは歯周病予防のために歯と歯茎の境目をよく磨き、歯垢(プラーク)を除去するよう心がけていると思います。


ですが歯ブラシでの歯磨きだけでは歯と歯の隙間は磨けません。


ですのでその部分の歯垢(プラーク)は除去できないのです。


ではそんな時どうすればよいか歯周病予防に適したグッズをご紹介します。


歯周病用の歯磨き剤


近年、様々なタイプの歯周病に効く歯磨き剤が販売されています。


症状別に以下の成分が入った歯磨き剤がよいとされています。


①歯茎からの出血の防止 → アスコルビン酸ナトリウム、アラントイン、トラネキサム酸


②歯周病の予防 → 塩酸クロルヘキジン、オオバクエキス、カンゾウエキス、クマザサエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸トコフェロール(ビタミンE)


③歯石沈着の予防 → ゼオライト、デキストラナーゼ


これらの歯周病用の歯磨き剤は、ある程度磨いた後に歯ブラシに付け、マッサージするように磨くとよいとされています。


歯磨きの最初から大量に付けてはいけません。


歯間ブラシ


歯間ブラシは歯と歯の隙間に入れて歯垢(プラーク)を掻き取ります。


歯周病になると歯茎から出血しやすいので歯間ブラシはゆっくり優しく丁寧に使ってください。


また、サイズも様々ありますので自分の歯に合ったものを使うとよいでしょう。


極細SSS、細SS、S、中M、大Lなどから、歯と歯の間にスムーズに入り、きつく感じないものを選んでください。


使用後はよく洗い流し風通しをよくして保管してください。


デンタルリンス


あまり馴染みがありませんが仕上げにデンタルリンスを使うとよいでしょう。


これは歯周病菌の活動を抑える効果があります。


まれに刺激が強いと感じるものもありますが、その時は水で薄めるなどしてもよいでしょう。


総じて歯周病予防は「薬用」と記述があるものを選ぶようにしてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。