歯周病にはどんな症状があるの?

歯周病にかかると軽症なものから重症なものまでお口の中で様々な症状が現れます。


ではいったいどのような症状が出るのでしょうか。


軽症の歯肉炎はどんな症状?


歯周病の中で軽症と言われる歯肉炎の症状であげられるのは主に歯茎の腫れや痛みです。歯肉炎では歯茎から出血する事もあまりありませんし歯茎の痛みも弱いものだと言えます。


歯周炎まで進行するとこんな症状に!


歯周病が悪化すると歯周炎となります。歯周炎は歯茎の腫れや痛みがより強くなります。


さらに炎症が歯茎以外の周りの組織まで広がりその影響で歯が埋まっている歯槽骨が少しずつ溶け始めます。


この程度ですと見た目では分からずレントゲンを取って初めて分かるレベルです。


その後はその歯がグラグラになり最終的には歯が抜け落ちます。土台の骨が歯を支える事ができなくなるからです。


歯周病放置で炎症が広がります!


歯周病を放置しておくと歯周病菌や炎症の元となる嫌な物質が血液を通って全身へ回り歯以外の体のあらゆる部分へと炎症が広がります。


このように歯周病は歯以外にも全身にあらゆる症状を引き起こす可能性のある厄介な病気です。なので歯周病の治療は絶対に怠ってはいけないのです。


ただなかなか急がしくて歯医者には行けないという方も大勢います。そんな方はせめて自宅で歯周病菌の殺菌をして下さい。


最近は歯周病菌の殺菌力に優れている成分もわかっていますしその成分が含まれている歯周病専用薬用歯磨き粉なども売られています。


そのような歯磨き粉を使って歯を磨くことで効率的に歯周病菌を殺菌し歯周病を予防・改善することができます。


実際に歯周病に良いと評判の薬用歯磨き粉を使って検証したのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病に効果の高い歯周病専用薬用歯磨き粉は本当か検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。