歯周病にうがいは効果的?

ほとんどの人は歯周病の原因は歯磨きを怠った結果作られてしまう歯垢(プラーク)に潜む細菌だと知っていると思います。


そう分かっていても毎日忙しくて十分に歯磨きが行えない人も多いでしょう。


忙しいからと言って歯磨きを怠ると歯周病はどんどん悪化し最終的には歯を失う可能性まであるのです。


そんな時はうがいをおすすめします。


うがいなら歯磨きよりも手軽ですし外食した後でもすぐにできます。


ここで歯周病に効果的なうがいの方法をご紹介しましょう。


 ブクブクうがいをしましょう


うがいには主にブクブクうがいとガラガラうがいの2種類があります。


風邪をひいた時に喉をケアするガラガラうがいに対し、ブクブクうがいは口の中の食べカスを洗い流します。


そのブクブクうがいの正しい方法は次の通りです。


  150mlほどの水を口にふくみます


  口を閉じて、頬を膨らませたりへこませたり、口の中の水を口全体に行きわたらせるようブクブクします。


  10回ほどブクブクを繰り返して水を吐きだします。これを3セットくらい行いましょう。



ブクブクうがいは食事後すぐに行うことで効果がアップします。


 イソジンうがい液やマウスウォッシュなどの洗口剤を携帯しましょう


イソジンうがい液は容器が小さく携帯に便利です。


いつでも持ち歩けるので食後すぐにブクブクうがいをする際には、水に1~2滴入れるとより効果を発揮します。


また、マウスウォッシュなどの洗口剤も小さな容器に入れて持ち歩きましょう。これは水がなくてもうがいができ、特におすすめの方法です。


上記のように毎日うがいをしていれば歯周病にはならないような気がしますが、うがいだけでは、もちろん歯周病は完全に予防できません。


まずは歯垢(プラーク)を歯面から除去することが最重要なのです。


しかし、うがいで口を清潔にすることによって少しでも歯周病予防に効果を与える事は間違いないでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。