歯周病とはどんな病気?

歯周病とはよく聞く言葉ですが一体どんな病気なのかご存知でしょうか。


歯周病とは歯茎や歯の周りの病気のことで歯を支えている骨が溶けていく怖い病気なのです。


では歯周病の原因は何でしょうか?


原因を一言で言うと歯垢でしょう。不十分な歯磨きや磨き残しによって歯に汚れが付着し、それがやがて歯茎の腫れや出血を引き起こします。


その後歯垢がたまると歯肉炎になります。


これを治療せずにそのままにしておきつ歯垢の中にある細胞が歯の骨を溶かし歯周病へとなるのです。


さらに症状が悪化すると歯がグラグラして歯並びが悪くなります。


食べ物が噛みづらくなったり固い物を噛んだ時に痛みが出たりします。


その状態が続くと歯が抜けることもあります。


歯周病になると糖尿病が悪化する場合もあります。糖尿病の合併症として歯周病はポピュラーです。


お互いが悪影響を与えているので歯周病が改善されると糖尿病も改善される、といった報告もされているようです。


では歯周病がおこるのはなぜでしょうか。


そもそも口の中に歯周病菌は存在しています。その歯周病の原因菌が増え始めると発症すると言われています。


発症の度合いは歯茎の抵抗力にもよるので人それぞれです。


すなわち歯周病菌の増殖をおさえること=歯の周りのケアを十分おこなうことが歯周病の発症率を低くします。


どうすればよいかと言うと歯ブラシやデンタルフロスで歯石などの汚れを落とし菌を除去することが重要で、これができれば歯周病の予防となります。


歯周病は症状が悪化すると治療が大変な病気です。


毎日のお口のケアが歯周病の予防になります。ですので、歯磨きは特に丁寧に行うことが大切です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。