歯周ポケットが何ミリになると歯槽膿漏と呼ばれるの?

歯槽膿漏の主な症状は次のようなものです。


・膿が出る


・歯と歯茎の間に深い溝(歯周ポケット)ができる


・歯槽骨が溶かされる


・歯がグラグラになる


中でも代表的な症状として歯周ポケットができることが挙げられます。


歯周ポケットは病気が進行するにつれ深くなりますが、一体何ミリくらいになったら歯槽膿漏と考えればよいのでしょうか?


歯周ポケット自体は健康な人でも歯と歯茎の間に存在します。


健康な人の場合、歯と歯茎の間にはおよそ0.5~2㎜程度の溝ができており、いろいろな細菌が住み着いています。


これらの細菌は歯周ポケットが作られる原因となる酵素や毒素を排出しており、これらの酵素や毒素が歯周ポケットにさらに溜まることで歯茎に炎症が起こります。


歯周ポケットに溜まる細菌は嫌気性細菌(酸素を嫌う細菌)であるため、歯周ポケットのより奥の方へと入り込んでいきます。


そのため歯周ポケットが深くなるというわけです。


最終的には細菌から出る毒素が原因で歯槽骨が溶け歯がグラグラになってしまいます。


歯周ポケットの深さは歯医者さんで検査をすることができます。


先に目盛がついた「ポケットロープ」と呼ばれる器具を使って歯周ポケットの深さを測ることで炎症がどのくらい進んでいるかが分かります。


例えば軽度の歯槽膿漏の場合、歯周ポケットは3~5㎜ほどで、歯槽骨の吸収は歯の根の長さの2分の1以下です。


中等度の歯槽膿漏の場合、歯周ポケットは5~7mmほどで歯槽骨の吸収は歯の根の3分の1~2分の1ほどです。


重度の歯槽膿漏の場合、歯周ポケットは7~10㎜以上で、歯槽骨の吸収も歯の根の2分の1以上になります。


一般的に歯槽膿漏と呼ばれるのは中等度から重度の場合であり、歯周ポケットが5~6㎜にもなれば歯槽膿漏になっていると言えるでしょう。  
     

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。