歯の劣化と味覚の変化

身体が劣化していくのと同じで歯や歯茎は加齢とともに劣化していきます。


手入れの仕方によって劣化のスピードも変化します。


例えば歯磨きを一日3回している人と一日1回だけの人を比べるとどちらが劣化のスピードが速いと思いますか?


当然、手入れを怠っている方が劣化は早くなります。


劣化には虫歯、歯周病、歯槽膿漏などがあります。


虫歯や歯周病が進行していくと味覚にも異常をきたしてしまうのです。


口腔内の汚れや唾液の減少なども味覚を鈍くしてしまう原因の一つなので、こまめに口の中を清掃し、常に清潔な状態を保つような努力が大事です!


お口の劣化にも気を遣うようにしましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。