次亜塩素酸は歯周病予防に効果的なのか?

近年、歯周病予防に次亜塩素酸が入った殺菌薬が使用されるようになりました。


では次亜塩素酸は歯周病予防には効果的なのでしょうか?


薬を使う事で歯周病の予防はできるのか?


薬剤を使えば、本当に歯周病の予防はできるでしょうか?


歯に薬を塗るだけで歯周病の予防になるなんて、なんだか信じられないですよね。ですが、次亜塩素酸が含まれた殺菌薬を使用すると、ある程度歯周病の予防は可能です。


なぜかと言うと、歯周病の原因は歯周病菌の感染だからです。


その感染源である歯周病菌を次亜塩素酸を使うと殺菌できますので、結果、歯周病の発症を抑制する事ができ、さらには予防につながるのです。


完全な歯周病予防は次亜塩素酸では難しい?


では、次亜塩素酸を使って殺菌すれば歯周病になる事はないと言えるのでしょうか?


実はそうではありません。


口の中には強い殺菌剤はもちろん使えません。もし刺激の強い殺菌剤を使ったらとても痛いのです。痛いだけではなく、おそらく炎症が起きたりしてしまうでしょう。


ですので少し弱めの殺菌剤しか使えません。この事から歯周病菌の殺菌というのは、あまり効果が強いものではないのです。


ですが完全ではないものの、ある程度の歯周病菌は殺菌できますので、歯周病予防になると言ってもいいでしょう。


もっと効率良く歯周病予防をしたければ歯周病菌の殺菌力に効果のある薬用歯磨き粉などを使うと良いですよ。


実際に歯周病専用薬用歯磨き粉を使って効果を検証した記事も書いているのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

⇒ 歯周病に効果の高い歯周病専用薬用歯磨き粉は本当か検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。