妊婦さんの歯周病予防が大切な理由

女性は妊娠したら普通の人以上に歯周病予防を重要と考えなければいけません。


なぜ妊婦さんだけ?と思う方もいると思いますがこれには科学的に照明された決定的な理由が存在しているのです。


 歯周病菌は女性ホルモンが大好き?


女性は妊娠すると身体の中で様々な変化が起こります。


その一つが女性ホルモンの乱れです。エストロゲンという女性ホルモンの一種が妊娠中に増加するのです。


嫌な事実ですが歯周病菌はこのエストロゲンが大好きですので活動が活発になり、その結果歯周病を誘発してしまいます。


このことから妊婦さんは歯周病にかかりやすい、と断言できるのです。


つわりが原因で口の中が衛生的ではなくなる?


多くの妊婦さんはつわりを経験しています。


つわりを感じるとお口の中の環境が悪化し衛生的ではなくなってくるので虫歯になったり歯周病菌を発症しやすくなります。


なので、妊娠してからも以前と変わらない方法でお口のケアをしていたのでは十分ではないのです。


妊婦さんは自分でも気付かないうちに口の中が不衛生になりやすくなってしまいます。この事を十分覚えておいてください。


母子感染してしまうかも!?



先ほども述べたように妊婦さんは普通の人よりも歯周病や虫歯にかかりやすいのです。そしてもしその病気になってしまうとお腹の赤ちゃんにも影響が出る可能性があります。


歯周病菌や虫歯菌はお母さんから感染する事が多いと言われているます。いわゆる母子感染です。


ですので、お腹の赤ちゃんの事を最優先に考えるならば妊娠中の歯周病予防は大変重要で、徹底的に行わなければいけない事だと言えます。


とは言ってもつわりがひどくて歯磨きがキツイということもありますよね。その場合は歯周病菌の殺菌力に優れている成分が入っているような薬用歯磨き粉を使うと良いですよ。


実際に歯周病菌の殺菌力に優れている成分が入っている歯周病専用薬用歯磨き粉を使って効果を検証した記事も書いているのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

⇒ 歯周病に効果の高い歯周病専用薬用歯磨き粉は本当か検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。