喫煙は歯槽膿漏を悪化させるってほんと?

喫煙は有害物質がからだにさまざまな影響を及ぼすことはよく知られていますが歯茎にも悪影響があり歯周病になりやすくなると言われています。


歯と歯茎の間などに細菌のかたまりの歯垢が付着し歯茎が炎症を起こす歯肉炎が起こり進行すると歯茎に膿が溜まったり歯の根の部分の骨が溶ける歯槽膿漏にまで進行してしまいます。


タバコに含まれるタールは歯や歯茎に付着し歯石や歯垢をきれいに落としてもすぐにまた黒く歯に色素沈着してしまいます。


タバコを吸うことにより毛細血管の血流も悪くなり炎症を起こした歯茎を再生する力が落ちてしまいます。


数千種類という有害物質の影響で免疫力の低下や活性酸素の増加により歯槽膿漏はより悪化していってしまいます。


歯槽膿漏は歯と歯茎の間の歯垢や歯石の歯周病菌を取り除いたり歯茎を切開し膿を出したり、さまざまな歯茎の処置がなされますが最終的には自己免疫力で修復しなければなりません。


糖尿病などの生活習慣病や喫煙、ストレスや偏った食生活など日々の生活が大きく関係しています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。