口輪筋を鍛えると健康になれる

口を開閉するときに使う筋肉を口輪筋といいます。


口輪筋が緩むと食べ物が口からこぼれたり水を含んだ時など口をすぼめていられず水がこぼれてしまいます。


高齢になると口輪筋がゆるみ食事のときに口からこぼれてしまうという人も少なくありません。


それだけではなく美容の面でも口輪筋などの顔の筋肉が注目されています。


顔の筋肉が衰えると張りがなくなりたるんだ表情になってしまいます。


顔の筋肉を動かしてきれいになろうとする女性も多いのです。


口輪筋を鍛えて唇の力を強くすると口呼吸から鼻呼吸に変わります。


そうすると口の中の乾燥を防ぐことになるので虫歯や歯周病の予防に効果があります。


このほか顔まわりの筋肉を鍛えることによるメリットを紹介しましょう。


顎関節症が軽減する


  筋肉と口の開閉は関係するので筋力アップで口の開閉もスムーズになります。


息がきれいになる

  唇の筋力がアップすると口をしっかり閉じることができるので唾液が分泌され乾燥しないので清潔が保たれる


風邪をひきにくくなる

  口呼吸では空気中の雑菌やウィルスも吸いこんでしまうが口呼吸に変わると予防することができます。


いびきが良くなる

   口呼吸では気道が詰まりやすいためいびきの原因になります。


老化防止になる

  唇の力が強くなと話もしやすくなり咬む力も強くなり刺激となって老化防止に役立ちます。

口輪筋を鍛えると健康につながります。


鏡を見ながら顔の筋肉を動かすようにトレーニングしてみましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。