口内炎と歯周病の関係

口内炎とはお口の中にできるできものですが、どうして口内炎になるのか知っていますか?


口内炎ができるときはストレスや疲れがたまっているとき体力の低下、胃腸障害など体調不調のときになりやすいといわれています。


ビタミン不足、栄養の偏りがつづくと急に口内炎ができたりもします。



そして歯周病などで口の中が細菌感染し腫れや出血がみられる場合も口内炎になりやすいと言われています。


いつもの口内炎だと思っていても歯周病からきている場合もあるので口内炎と歯周病には関係性があるということを覚えておいているといいと思います。


この場合歯周病の治療を先に行わないといけません。


口の中の細菌を減らす、プラークコントロールをしっかり行うことが治療につながります。


ただ口内炎とヘルペスなど区別が難しいことがあるので治らないようなら病院で診てもらうといいでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。