保険適応の治療と保険適応外の治療の違いとは?

病院でも歯科医院でも保険が適用し私たちの窓口負担金は1割、2割3割のいずれかになります。


歯科治療は費用がかさむのと治療が長くかかるというのが問題です。


治療が長引くと治療費も心配になります。


それに保険が適用される治療とされない治療がありその違いもよくわかりません。


保険適応の治療の場合は患者さんは1割から3割の負担になりますが自由診療では全額が自己負担になります。


しかし保険の治療には国が定めた制限があります。


例えば歯を被せる治療に使うものの素材。


保険では硬質レジンや銀パラジウムというものを使います。


しかし自由診療になると歯の色に近いセラミックやメタルボンドなど陶器で焼き付けた天然の歯そっくりに見える素材で作ることが可能です。


また銀ではなく金歯を入れることも自由診療では可能なんです。


保険で使える素材では見た目があまり良くなかったり、劣化が起こりやすく数年で再治療が必要になることもありえます。


保険適用外のものは素材そのものは良いものを使っているので長持ちすることと見た目たキレイというメリットがあります。


それぞれにメリットデメリットがあり治療方法の選択は自分でできるので自分の価値観に合う方を選ぶようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。